新・薩摩切子 二色被せ タンブラー の紹介をします。

 

まず、最初に薩摩切子とは!?

 

NHKの大河ドラマ 「篤姫」 で、

篤姫が嫁入り道具として 徳川家に献上したのが 「薩摩切子」 です。

 

 

  • 1846年 島津家27代藩主・島津斎興 が製薬事業で使う薬品瓶として、保存性が高いガラス製の薬品瓶を作る事になり、江戸からガラス職人の四本亀次郎を招きガラス瓶を作らせた事から始まりました。  (お由羅騒動が起こり藩主が交代する)
  • 1851年 島津家28代藩主・島津斎彬 が集成館事業という海外洋式も取り入れた当時の最先端技術を駆使して、製鉄、造船、造砲、紡績、印刷、製薬、を主にした工場郡を建設し、富国強兵の外貨を得るために海外交易品として 「薩摩切子」 が誕生 しました。
  • 1858年 島津家28代藩主・島津斎彬が亡くなり集成館事業は事業縮小されました。  (当時の薩摩で流行していた疫病コレラで亡くなった説や、毒殺で亡くなったとも言われています)
  • 1863年 薩英戦争で工場が消失し、1877年の西南戦争で薩摩切子の技術が途絶えました。
  • 1985年 薩摩ガラス工芸が設立されて 「薩摩切子」 が復刻されました。
  • 2001年 二色被せ薩摩切子を 「新・薩摩切子」 として発表する

 

ちなみに、

復刻した薩摩切子は国が指定した伝統的工芸品の認定はありません。

 

薩摩切子の技術と歴史が継続していないために、

経済産業省が認可せず鹿児島県が指定する伝統的工芸品となっています。

 

それと、

薩摩切子の紅色は江戸切子の赤色の元と言われているのに・・・

 

江戸切子は国が指定した伝統的工芸品です。

 

私は、

薩摩切子の歴史ある技術を 「薩摩ガラス工芸」 が復活させているのに、

 

認可されないのは何故と思ってしまいます・・・

 

たった一言の 「継続」 ということでしょうけど^^;

 

では、

写真を載せていきます。

 

(画像をクリックすると更に拡大できます)

 

 

DSC03713

 

 

桐箱には新・薩摩切子とあります・・・

 

新・薩摩切子とは、

薩摩ガラス工芸が2001年に発表した復刻ではない新たな 「薩摩切子」 の製法技術の事で、

 

昔ながらの単色だった薩摩切子 (クリスタルガラスの地に一色被せる・二層) に、

一色足して二色被せ (クリスタルガラスの地に二色被せる・三層) の薩摩切子ということです。

 

 

DSC03777

 

 

瑠璃緑と瑠璃金をペアグラスで購入しましたが、

記事が長くなるので写真は別々にして・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

今回は、

瑠璃金の写真を載せていきます。

 

 薩摩切子 ロックグラス 二色被せ 瑠璃緑 の記事はコチラ 

 

薩摩切子は 「薩摩ビードロ」 「薩摩の紅ガラス」 とも呼ばれていた ことからも、

赤色の薩摩切子は製造当時からの代表色とも言えます。

 

島津家28代藩主・島津斎彬が紅ガラスの製造を研究させて生まれた 「薩摩の紅ガラス」 ですが、

どうやって赤色を作るのかというと・・・

 

銅粉を材料にすると黒ずんだ赤色になり、

金粉を材料にすると澄んだ赤色になるそうです。

 

しかし、

タンブラー (縦長のロックグラス) と ロックグラス (正式名・オールドファッション)  は混同してしまいますよね!?

 

タンブラーかロックグラスなのかを見た目だけで判断するのは難しいですし、

用途は同じと思うのですが^^;

 

 

DSC03725

 

 

薩摩切子と江戸切子の違いって何!?

 

武家の切子 (カットガラス) が薩摩切子、

商人の切子が江戸切子とも言えると思います。

 

「薩摩切子」 と 「江戸切子」 の見分け方は簡単ですよ・・・

 

ボカシがあるかないかです!

 

薩摩切子は色被せのガラス層が厚くて彫る角度が鈍角なので写真のようにボカシがでます。

 

(グラスに氷を入れて結露させると違いがよくわかります)

 

 

DSC03726

 

 

クリスタルガラスの素地に、

青色 と赤色 の二色を被せているのがわかると思います。

 

異なる色が重なると複雑な彩色になるので何色と言うとよいのか迷いますが・・・

 

実際には写真よりも紫色に見えます^^;

 

 

DSC03727

 

 

グラスを上から見てみると、なんだか見覚えがあります・・・

 

haku硝子 江戸切子 のロックグラス  と同じようなカットですよね!

 

燃え盛る炎のような深く大きいカットは、

手に持つとゴツゴツとした感触が堪りません^^

 

 

DSC03731

 

 

底もゴツゴツしてますが花びらのようにも見えますよね!?

 

職人の繊細なカット技術で造られている 「硝子の花」 です^^

 

 

DSC03735

 

 

グラス底の側面には、

島津藩の十文字紋が彫られています。

 

(薩摩切子の検査に合格した証として最終段階に彫る)

 

この家紋は・・・

 

歴史好きには嬉しいポイントになるのかもしれません^^

 

 

DSC03739

 

 

新・薩摩切子 の大きさと重量

 

  • 径・・・8.2センチ
  • 高さ・・・9センチ
  • 重量・・・266グラム

 

 

上に載せた写真よりも 実際の色味に近い と思います・・・

 

しかし、

写真で実物の色味を写すのは難しいですね^^;

 

 

DSC03749

 

 

写真では見難いですが冊子には、

「薩摩切子」 の歴史が書かれています。

 

(画像をクリックすると更に拡大できます)

 

 

DSC03750

 

 

「薩摩切子」 クリスタルガラスを使用する際の注意点

 

  •  クリスタルガラスは耐熱ガラスではないので急冷急加熱は避ける
  • 電子レンジを使用しない
  • 洗う際は柔らかいスポンジや布で食器用洗剤をつけて洗う
  • ぬるま湯で丁寧にすすぐ
  • 拭き残しが無いように拭き取る (指紋が残らないように)

 

 

中でも、

クリスタルグラスなどのガラス製品を綺麗な状態で保ち続けるには・・・

 

以前の記事で紹介した

東レ トレシー グラス拭き取り専用クロス を使って拭き取る事です。

 

(詳しくは下線部をクリックすると個別記事に移ります)

 

私は、

薩摩切子、江戸切子、バカラなどのクリスタルガラス製品は全て 「東レ トレシー」 で拭き取ります。

 

自宅にあるガラス製品も、

東レのトレシーで拭き取れば驚くほど綺麗になりますよ!

 

ということで、

ガラス製品は丁寧に扱う必要がありますが・・・

 

この透明度と輝きには変えられません!

 

薩摩切子で呑む 「薩摩焼酎」 は格別に美味しい ですよ^^

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

 

楽天市場・・・薩摩切子 の詳細はコチラ

amazon・・・薩摩切子 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク