備前焼 多久守 (たく まもる)作 備前徳利 の紹介をします。

 

以前に紹介した

備前焼 中村真 (なかむら まこと)作 備前徳利 とは、同じ備前焼 (総称) でも外見が異なる備前焼・・・

 

伊部焼 (いんべやき) や黒備前などと呼ばれている伊部手 (いんべて) の備前徳利です。

 

伊部手とは、成形した素地に鉄分の多い化粧土を塗って焼成するので黒褐色 に焼き上がります。

 

言葉だけで説明するのは難しいので・・・

 

早速ですが、

写真を見てください^^;

 

 

 (画像をクリックすると更に拡大できます) 

 

 

DSC03676

 

 

このように、

伊部手の備前焼は黒褐色になるので黒備前とも呼ばれるのも納得ですよね!?

 

癖の強い備前焼というか、

「窯変」 が重なっているかのように重厚感があるのですが、

手に持ってみると見た目とは違って軽いです。

 

それはそうと、

日本六古窯という歴史を持つ備前焼の定義として還元焔焼成で釉薬は使わないとありますが・・・

 

伊部手は釉薬を塗っているかのように見えます。

 

 (私の見解です) 

 

先人達が、

化粧土を塗って焼成する事で防水性、実用性を高めたのだろうと思います。

 

 

DSC03678

 

 

多久守さんは半地下式の穴窯で、

焼成する際に薪を燃料に使っているので灰が降りかかり、

高温で灰が溶け (灰釉) て胡麻になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

画像上部には、

黄胡麻や飛び胡麻、褐色の胡麻がみられるので・・・

 

鹿の斑点のようにも見えませんか!?

 

 

DSC03677

 

 

口の曲がり具合も良い雰囲気です。

 

まるで、

酔っているかのようで・・・

こういう部分に愛着が湧くんですよね^^

 

 

DSC03680

 

 

写真では解りにくいですが、

口の内側には放射状に線が入っています。

 

画像をクリックすると拡大できる ので確認できませんか!?

 

この細かな技で酒を注ぐ時の切れが良くなります!

 

小さな心遣いって嬉しいですよね^^

 

 

DSC03682

 

 

底部は艶やかな黒褐色になっていて◯◯◯飴のようになっています^^

 

銘はシンプルに多久さんのイニシャル T です。

 

 

DSC03683

 

 

掲載されている文にもありますが、

古備前のように 「わび」 「さび」 あふれる備前焼の作品  を造られている多久守さんです。

 

 

DSC03684

 

 

多久 守さんの陶歴

 

 

  • 1952年・・・岡山に生まれる
  • 1980年・・・陶芸の道に入り、備前焼作家木村隆明の弟子として陶技を学ぶ
  • 1982年・・・岡山県美術展入選、日本伝統工芸中国支部展入選
  • 1983年・・・第七回日本陶芸展入選、日本伝統工芸中国支部展入選、和気郡佐伯町に登り窯を築き十一月に初窯を出す
  • 1984年・・・中国国際陶芸展入選、岡山県美術展入選
  • 1985年・・・岡山県美術展推奨賞、日本伝統工芸東中国展入選、一水会陶芸展入選
  • 1986年・・・中国国際陶芸展入選、岡山県美術展入選、日本伝統工芸東中国展入選、一水会陶芸展入選
  • 1987年・・・岡山県美術展入選、日本伝統工芸東中国支部展入選
  • 1988年・・・朝日陶芸展入選、第三十五回日本伝統工芸展入選
  • 1989年・・・「茶の湯の造形」展入選、日本伝統工芸東中国展入選
  • 1990年・・・天満屋アルパーク個展、日本伝統工芸東中国支部展入選、一水会陶芸展入選
  • 1991年・・・陶心会展日本工芸会中国支部長賞、三越新宿店個展、天満屋本店個展
  • 1992年・・・三越大阪店個展
  • 1993年・・・天満屋米子店個展
  • 1994年・・・天満屋本店個展
  • 1995年・・・天満屋アルパーク個展
  • 1997年・・・天満屋福山店個展、天満屋アルパーク個展、天満屋三原店個展
  • 1998年・・・半地下式穴窯を築く
  • 1999年・・・1月、建部にて初窯を出す、天満屋アルパーク個展
  • 2000年・・・広島八丁堀天満屋個展、天満屋三原店個展
  • 2001年・・・天満屋本店個展
  • 2002年・・・銀座松屋個展、「茶の湯の造形」展入選、天満屋アルパーク個展
  • 2003年・・・天満屋福山店個展、日本伝統工芸東中国展入選、第五十回日本伝統工芸展入選
  • 2004年・・・「茶の湯の造形」展入選、日本伝統工芸東中国展入選、第五十一回日本伝統工芸展入選
  • 2005年・・・天満屋アルパーク個展、第五十二回日本伝統工芸展入賞、日本工芸会正会員となる

 

 

DSC03744

 

 

多久守 作 備前徳利の大きさ

 

 

  • 高さ・・・14センチ
  • 胴径・・・9.4センチ
  • 口径・・・3.5センチ
  • 重量・・・340グラム

 

 

個人差がありますが、

これくらいの大きさの徳利が手への収まり具合も良くて使いやすいと思います。

 

そして、

酒呑み達が選ぶ酒器の組み合わせの定番 「備前の徳利、唐津のぐい呑み」 ですが・・・

 

黒褐色をした伊部手の備前徳利には、

斑唐津のぐい呑より朝鮮唐津のぐい呑 を合わせるのが私好みです。

 

同じ銘柄のお酒を呑むにしても、

徳利やぐい呑の酒器を変える事で雰囲気と味の変化も楽しめますよ^^

 

 

楽天市場・・・備前焼 備前徳利 の詳細はコチラ

amazon・・・備前焼 備前徳利 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク