酒呑みが好きそうな徳利・・・

 

私の中では備前焼がイメージにピッタリ!?

 

とにかく、

日本酒を美味しく呑む事ができる備前焼なんです^^

 

そして、

今回は酒豪の備前焼作家として知られている・・・

 

中村六郎さんの徳利を紹介します。

 

 

DSC05014

 

 

「酒器の神様」や「徳利の六郎」と呼ばれる理由・・・

 

酒豪が造る酒器ですから^^

 

「扁壺徳利」と呼ばれる形・・・

 

酒呑みが使いやすいように造られている訳ですね!

 

 

DSC05015

 

 

独特の字体で個性を感じます。

 

 

DSC05016

 

 

名刺と栞です。

 

俳人で中村六郎さんの作品をこよなく愛した安藤次男さんによるものです。

 

使ってこそ魅力が沸いてくるという事でしょうね^^

 

 

「中村家の緋色」の魅力と観音土!?

 

 

DSC05017

 

 

観音土のネットリとした土味が活かされている作品で、

「中村家の緋色」も魅力的だと思います。

 

個人的には窯変の備前焼よりも、

土の柔らかさと優しさのある焼け具合が私好みです^^

 

 

DSC05019

 

 

このネットリ感!?

 

シットリ感と言うべきか!?

 

 

DSC05022

 

 

使い込むと更に増していく魅力・・・

 

使い込んで育つのを楽しむには、

こういった作風が一番ではないかと勝手に思い込んでいます^^

 

 

DSC05020

 

 

宝珠の形に造られた口です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ここから注がれる酒が美味しい・・・

 

トクトクッと音をたてて注がれていきます^^

 

 

DSC05021

 

 

底は特徴的な「あばた高台」で造られています。

 

中村六郎さんの作風も微妙に変化していき、

晩年頃の作品の高台は窪んでいるのが特徴です。

 

 

使い込んで魅力が増す備前焼!?

 

 

DSC04933

 

 

徳利にはぐい呑が付き物ということで、

同じく、中村六郎さんの「ぐい呑」ですが・・・

 

「備前酒呑」という表記にされています。

 

「備前徳利」、「備前酒呑」とも、

同じ窯で焼かれて出されたものなので、

これ以上はない抜群の相性だと思います^^

 

 

DSC04944

 

 

まだ未使用の状態の肌をアップで・・・

 

これから、

使い込んで育てていきます!

 

水を得た・・・

 

酒を得た備前焼は美しい^^

 

 

DSC04945

 

 

中村家三代の酒器、

中村六郎さん、長男の中村真さん、孫の中村和樹さんです。

 

左から・・・

 

ぐい呑・・・備前焼 中村六郎 作 「備前酒呑」

徳利・・・中村六郎 作 「備前徳利」

徳利・・・中村真 作 「備前瓢徳利」

徳利・・・中村和樹 作 「備前瓢徳利」

 

それぞれに個性があって魅力的ですが、

熟練という言葉が似合うのは・・・

 

やはり、

中村六郎さんのものです。

 

成形の手数は少ないのに、

手直しをしなくても自然な形になり、

迷いもなく豪快に造られているのに柔らかい印象を受けました。

 

熟練した技術から造られるものは、

こちらへ伝わってくる感覚も違うように思います^^

 

 

楽天市場・・・備前焼 酒器 作家 の詳細はコチラ

amazon・・・備前焼 酒器 作家 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク