素朴さが魅力的な備前焼・・・

 

その歴史は古く、

日本古来(日本六古窯)から続いています。

 

田土(ひよせ)を使い、

釉薬を使わず、

「土と炎」自然に振りかかる灰のみでシンプルに造られるのが備前焼です。

 

そのため、

「窯変」を含めて焼きの面白い作品が出来上がります^^

 

それでは、

中村和樹さんの徳利を写真で紹介していきます。

 

 

DSC04964

 

 

まずは・・・

 

酒呑みで有名な備前焼の作家さんといえば・・・

中村六郎さんは外せません!

 

酒呑みが造る酒器だからこそ、

酒呑みの使い勝手などを熟知しているのですから^^

 

中村六郎さんから、

子の中村真さんへ、

孫の中村和樹さんへと「中村家の緋色」と技術が受け継がれています。

 

本作は、中村和樹さんの「備前瓢徳利」です。

 

 

DSC04966

 

 

ひょうたん(ひさご)を感じで書くと、

「瓢」と「瓢箪」がありますが同じ意味です。

 

 

備前焼を楽しむ魅力的な見所とは!?

 

 

DSC04967

 

 

愛らしい瓢箪の形が、

何とも言えない雰囲気を醸し出しています!

 

 

スポンサーリンク

 

 

「中村家の緋色」で有名な緋色があまり出ていませんが、

下部から上部まで出た「抜け」が気に入りました^^

 

 

DSC04968

 

 

少し向きを変えるだけで、

先程とは違う景色を楽しめます。

 

下部に「カセ胡麻」がでた肌です。

 

 

DSC04972

 

 

また、少し向きを変えるだけで、

ザラザラとした質感の「焦げ」を楽しむことができます。

 

見た目が変わるだけではなく、

手触りの違いも楽しむ事ができます。

 

 

DSC04973

 

 

徳利の口縁は宝珠の形に作られています。

 

注ぐ際の切れを良くするためです。

 

 

DSC04975

 

 

掻き銘がある底部は「あばた高台」で造られていて、

手触りが良く、やわらかみがあります。

 

 

日本料理「分とく山」野崎洋光さんも使っている中村家の器!

 

 

DSC04978

 

 

日本料理「分とく山」総料理長の野崎洋光さんが、

備前焼と「中村家」を説明してくれています。

 

料理には器も大事という事ですね^^

 

 

DSC04945

 

 

左から・・・

 

備前焼・・・中村六郎 作 「備前酒呑」

備前焼・・・中村六郎 作 「備前徳利」

備前焼・・・中村真 作 「備前瓢徳利」

備前焼・・・中村和樹 作 「備前瓢徳利」

 

中村親子三代の酒器が揃い踏みです!

 

「土と炎」だけで造られる素朴な備前焼ですけど、

魅力的ではないでしょうか!?

 

ちなみに、

真ん中にある中村真さんの徳利を除いた他は未使用の状態です・・・

 

使って育てると雰囲気も増して愛着も深まる!

 

お酒も美味しくしてくれて手放せなくなりますよ^^

 

 

楽天市場・・・備前焼 酒器 作家 の詳細はコチラ

amazon・・・備前焼 酒器 作家 の詳細はコチラ

 

スポンサーリンク