「ぐい呑」と「徳利」・・・

 

青磁の酒器って組み合わせるのが難しいと思います。

 

青磁釉や貫入が特徴的で、

個性が強くてシックリとこないんですよね^^;

 

個人的に、青磁との相性が良い酒器の組み合わせとなると、

青磁には青磁だと思います。

 

 

DSC05872

 

 

魅力的な青磁ですけど、

組み合わせを考えてみてください・・・

 

難しくありませんか!?

 

 

DSC05873

 

 

手持ちの酒器で色々と組み合わせを試したのですが・・・

 

やはり、

青磁には青磁の酒器が一番だという結果になりました。

 

 

DSC05875

 

 

徳利を使う理由!?

徳利の魅力!?

 

 

スポンサーリンク

 

 

注ぐ時のトクットクッという音が聞きたいんです・・・

 

心地良い音を奏でますから^^

 

 

中島青磁!?

 

 

DSC05876

 

 

底の高台内側には中島宏さんの銘があります。

 

ポッテリとした造形と青磁釉が魅力的で、

「中島青磁」や「中島ブルー」と呼ばれる個性的で独創的な青磁になってますね^^

 

 

青磁の酒器の組み合わせ!?

 

 

DSC05887

 

 

そして、

青磁の酒器の組み合わせ・・・

 

ぐい呑・・・青磁 中島宏 作 「青磁ぐい呑」

 

青磁には青磁がシックリときますよね!?

 

同じ作家さんで統一すれば間違いないです・・・

 

冷やか冷酒を美味しく呑める酒器になりました^^

 

 

楽天市場・・・酒器 青磁 作家 の詳細はコチラ

amazon・・・酒器 青磁 作家 の詳細はコチラ

 

 

スポンサーリンク