無ければ無くても良い!?

 

しかし、

あると・・・

 

何かと便利な熱源を紹介します。

 

ユニフレームのシングルバーナー テーブルトップバーナー US-D です!

 

ユニフレーム ツインバーナーの記事はコチラ 

 

何が便利なのかと言うと・・・

 

コンパクトで軽量、機動性と収納性に優れて、無駄のない無骨なデザインかな!?

 

燃料は近所でも入手しやすいカセットガス (CB缶) なので不意な場面にも対応できますし、

アウトドア缶 (OD缶) よりも安価なのでコストパフォーマンスにも優れています。

 

まずは、

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D を使用している動画を 見て下さい。

 

 

 

 

さすがに、

着火に時間が必要な炭火焼き とは違い・・・

 

スイッチを押せばカチッと一発で点火 できます!

 

炭火、ガスのどちらも長所と短所があるので使い分けてくださいね^^

 

 

DSC04627

 

 

ユニフレームのテーブルトップバーナー専用の 収納袋も付属品です。

 

家庭にあるカセットコンロよりもコンパクトに持ち運ぶ事ができます よ!

 

 

DSC04619

 

 

スポンサーリンク


シングルバーナーは質感とデザインも大事!?

 

 

一切の無駄が無い無骨なデザインです。

 

シンプルな構造なのでメンテナンスもしやすいですし、

もちろん、熱源として重要な火力も申し分無く・・・

 

  • ユニフレームのレギュラーガス使用で3000kcal
  • ユニフレームのプレミアムガスを使用すると3900kcal 

 

あると重宝するんですよね^^

 

災害などの非常時にも役立ちます し、

 

頑丈なステンレス製の五徳なので重いダッチオーブンも載せても大丈夫 ですので!

 

 

DSC04621

 

 

カセットガスを装着する部分です。

 

装着するには、少々コツがいりますが・・・

 

数回も、脱着をすれば慣れるので安心を^^

 

 

DSC04620

 

 

五徳の左下にあるのが点火スイッチです。

 

ガスを噴出してチャッカマンのように、

ライターで点火もできますけど好みの方で^^

 

 

DSC04622

 

 

カセットガスの位置を自由に調整ができるのもポイントです。

 

 

カセットガスを連続で長時間使用すると、どうしても・・・

 

気化熱でカセットガスが冷たくなり燃焼効率が下がる んですよね^^;

 

(特にイソブタンの配合が低い安価なカセットガス使用時)

 

こういう場合は、

単純にカセットガスをバーナーに近づけると解消されます!

 

まぁ、

メーカーはオススメしない方法なのかな!?

 

 

DSC04623

 

 

写真のように、

ユニフレーム純正のプレミアムガスを使用すれば安定した火力が得られますが・・・

 

夏場は安価なカセットガスを使用して、冬場はプレミアムガス、パワーガスなどの少し高価なカセットガスを使う事をオススメ します。

 

ということで、

夏の暑い時期に高価なカセットガスは必要ないと思います。

 

 

20141203095049(1)

 

 

そして、

アウトドアにも使える酒器・・・

 

サスギャラリーの真空チタンカップで一息 入れながら調理すると楽しい時間になりますよ^^

 

例えば・・・

 

 

DSC04093

 

 

自家製の燻製を作っている待ち時間を利用して嗜好品を楽しむなど^^

 

待ち時間を楽しむ時間にすれば苦になりません! 

 

まだ、

燻製の記事を書いて無いので、そのうち書きますが・・・

 

燻製の最後の工程で殺菌の為に、

30分~1時間ぐらい温度を80度にキープするのにユニフレームのテーブルトップバーナーを使っています!

 

サーモスタットを使用した電熱器ではなく、アナログな方法で燻製を作る のを楽しんでいます。

 

 

DSC04505

 

 

やはり、

シングルバーナーがあると・・・

 

色々と役立つなと思いました^^

 

 

楽天市場・・・ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D の詳細はコチラ

amazon・・・ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク