以前の記事で ユニフレームのツインバーナーの記事 を書きましたが・・・

 

あれから、

屋外でもシステムキッチンのように使いやすくするために設備も進化 しました!

 

早速ですが、

写真が多いので紹介していきます^^;

 

 

DSC04282

 

 

この、

空のテーブルが・・・

 

スノーピーク アイアングリルテーブル (通称 IGT) です。

 

アウトドアグッズとして人気があります^^

 

アイアングリルテーブルはサイズが数種類あり・・・

 

  • ショートフレーム・・・2ユニット組み込める
  • ミドルフレーム・・・3ユニット組み込める
  • ロングフレーム・・・4ユニット組み込める

 

私は、

アイアングリルテーブルの4ユニット組み込み可能なロングサイズを選びました。

 

拡張性が最もありオプションを多数追加できるのでIGT沼に^^;

 

 

アイアングリルテーブルの足もサイズが数種類あります。

 

  • グラウンドスタイル・・・地上高 300mm
  • ロースタイル・・・地上高 400mm
  • ミドルスタイル・・・地上高 660mm
  • ハイスタイル・・・地上高 830mm

 

私が選んだ脚は高さ660mmのミドルスタイルにしました。

 

椅子に座った状態で最適な地上高 です^^

 

 

スポンサーリンク


アイアングリルテーブルを改造してIGT沼にハマる!?

 

 

という感じで、

かなり拡張性があるのでスノーピーク純正品を使わずに、

オリジナルに改造する人も多数います!

 

 

DSC04219

 

 

私の、

アイアングリルテーブル ロングフレームに4ユニット組み込んだ完成状態です。

 

手前にある、

竹製のスライドトップ2個と両サイドのバーだけがスノーピーク純正 で・・・

 

他のパーツは、

遊び屋工房の佐野さん と電話で話して作ってもらいました^^

 

蓋をした状態では写真のようにフルフラットになりスッキリ!

 

 

DSC04220

 

 

そして、

蓋を外すと・・・

 

ユニフレームのツインバーナーが純正品のように見えますよね!?

 

ユニフレーム ツインバーナー の記事はコチラ

 

ちなみに、

ユニフレームのツインバーナーは蓋と脚を取り外して装着します。

 

(ツインバーナーを組み込むには2ユニット必要です)

 

 

DSC04221

 

 

残りの2ユニットで、

小物入れとバスケットを組み込みました^^

 

 

DSC04222

 

 

バスケットは取っ手があるので、

洗い物などの際に持ち運びができて何かと便利です。

 

そして、

見事な職人技で綺麗に作られていました^^

 

 

DSC04217

 

 

左側のサイドテーブルにも小物入れを追加!

 

(レールジョイント ロングハンガーはスノーピーク純正品)

 

 

DSC04273

 

 

右側には、

あると便利なカトラリーなどを追加!

 

 (レールジョイント ロングハンガーはスノーピーク純正品)

 

 

DSC04274

 

 

ということで、

私のアイアングリルテーブルが完成しました。

 

一昔前!?

 

テレビで話題になったラフマのリクライニングチェア に座ってユッタリと色々な作業ができます^^

 

エアーブラシで塗装する際も、

部屋の中じゃないのでシンナーも気になりません!

 

 

DSC06516

 

 

もちろん、

肉や魚を焼いても匂いが部屋に入らないので・・・

 

何か、

焼物料理の動画でも撮ってみようかなとか思っています^^

 

 

楽天市場・・・スノーピーク アイアングリルテーブル の詳細はコチラ

amazon・・・スノーピーク アイアングリルテーブル の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク