酒器と料理とは無関係の記事になりますが^^;

 

前回の記事で書いた

赤いフレームの2台目トレーラー MAN TGX  のボディーを塗装していきます。

 

今回は、

エアーブラシを使わないで塗装 してみました!

 

エアーブラシを持っていますが・・・

 

あえてのスプレー缶塗装に挑戦です^^

 

 

DSC04411

 

 

コレがエアーブラシですが・・・

 

使いません!

 

 

DSC04724

 

 

オモチャ用の塗料ではなく、 実車の補修用に使われているスプレー缶の塗料 を使っていきます。

 

そう、

ソフト99のスプレー缶です!

 

使った事がある人もいるのでは!?

 

溶剤が強くてオモチャのパーツが溶けるか心配でしたが・・・

 

問題なく使用出来ました^^

 

 

左から・・・

 

  1. プラサフ (下地)
  2. 塗料
  3. トップコート (ウレタン塗料)

 

(プラサフは1本、塗料は2本、ウレタン塗料は1本で塗装できました)

 

 

実車用のスプレー缶塗料なので、塗料の噴出量とガスが多いです。

 

30センチ程度離してから、

スプレーしないと垂れるので注意してください^^;

 

 

スポンサーリンク


ビッグトラックに車用のウレタン塗料を塗装しても大丈夫!?

 

 

ウレタン塗料は2液混合なので、

一日の内に一本使い切らないと固まってゴミ になります^^;

 

つまり、

次回の塗装にも使えません!

 

ウレタン塗料は、

扱いにくく不便な点もあるのですが・・・

 

なんといっても、

皮膜の厚さ、硬度、艶々感が違います^^

 

ウレタン塗料は乾燥して固まるのではなく、

化学反応で内部から固まっていくので重ね塗りには注意が必要 です。

 

薄くウレタン塗料を吹き付けて15分後に再度吹き付けました。

 

ウレタン塗料が完全に硬化した後に、

ウレタン塗料の重ね塗りをすると塗料を弾いて塗れないそうです^^;

 

 

DSC04725

 

 

パール塗料にウレタンクリアーをしているので艶々キラキラです!

 

一応、

内装も作ったのですが・・・

 

 

DSC04636

 

 

このように、

コードだらけになり収納スペースが無いので、

最終的には外すと思います・・・

 

なにせ、

まだ配線が増える予定なので^^;

 

Servonaut (ドイツ製) SMX、M20+ だけを付けている写真に、

SM+、AIR4、AMOやLED追加などなど!

 

奥にあるのがシングルデフのベンツ アクトロス です。

 

 

純正プロポから多チャンネルプロポに変更!

 

 

DSC04638

 

 

プロポ (コントローラー、送信機) も純正から空物用(ヘリ、飛行機)に変更 しました。

 

左側のが純正で右側が、

フタバ T10J という10チャンネルプロポです。

 

ボタンが沢山ありデジタル表示で細かいセッティングができます^^

 

まぁ、

ミキシングというのをしないといけないそうですが・・・

 

素人なのでわかりません^^;

 

 

DSC04693

 

 

アルミホイールも、

アクトロスに履いている物とは違うものに変更しました。

 

ホイールが多いと迫力があります^^

 

 

DSC04694

 

 

フロントホイールのナットも変更しています!

 

それにしても、

コードが邪魔ですよね~

 

実車だと、

コードの収納には困らないんですがね^^;

 

次回のラジコン記事では、

2台目トレーラーも完成していると思うので!?

 

V6,V8エンジンのサウンド動画もアップする予定です^^

 

 

楽天市場・・・タミヤ ラジコン ビッグトラック フルオペレーション の詳細はコチラ

amazon・・・タミヤ ラジコン ビッグトラック フルオペレーション の詳細はコチラ

 

 


スポンサーリンク